読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー女の 成人ADHD記録〜ストラテラ飲んで仕事します〜

アラサー女、成人のADHDだけど、ストラテラの力を借りて、わりと楽しく生きてます。

メモ。それはADHDにとって社会で生き残る為の最強で最終の手段…!

ADHDの本には必ず書いてある「メモを取るようにしましょう」という言葉。実践されている方も多いのではないでしょうか?うまく使いこなせていますか?私は…イマイチ習慣化できずにいましたが、最近になってメモを書くことの利点がちゃんとわかってきたので、書いておきたいと思います。

f:id:adhd_misoji:20160111173746j:plain

 

ADHD持ちの自分にとってメモが重要な理由

  1. 注意が逸れて「やらなければいけないこと」がすぐ抜けるから(行動の確認用)
  2. 聴力記憶が弱いので、書くことでどこをどのぐらい理解していないのか可視化する為
  3. ごちゃごちゃしている脳内の整理

 

 

 

1.注意が逸れて「やらなければいけないこと」がすぐ抜けるから(行動の確認用)

例えば「買い物帰りに銀行で振り込みしなきゃ」とか。思いついた数秒後には遥か彼方へ消えていくことが多々あるので、メモを取ります。で、ありがちなのが、そのメモを無くしたり忘れたりするっていうね。絶対に忘れちゃまずいものは、スマホにマスキングテープで貼ったりしてます。必ず見るので。最近は、手帳に書き込むことも多いです。「アクションプランナー」を思ったより使えているので、仕事の日はこちらに書き込むことも。1日5回以上は見ています。というか、仕事中は開きっぱなしにしてます。「書く」という行為で可視化すると、格段に覚えが良くなります。メモを取ること自体を面倒臭いと思ってしまい、なかなか習慣化できなかったのですが、失敗をしてそれの改善策を考えると、どうしてもメモに行き着くので、これはもう、やるしかないんだなと…。

 

 

2.聴力記憶が弱いので、書くことでどこをどのぐらい理解していないのか可視化する為

仕事の会議とかで「じゃ、次回までに◯◯と◯◯と◯◯をやっておいてね」とか言われる場合、聞き逃しが多いので、3つのうちの2つしかやってこないなんてのがしょっちゅうです。あとは、難しい言葉で話されると、ついつい理解したふりをしてしまい、いざ作業に取り掛かってから「ん?これは、なにをすればいいんだ?」みたいな肝心の部分が抜けてたりします。わかっていない、聞き逃していることは書けないので、「わかっていないことをわかる」為に必要なメモです。会議の議事録を書いていて、「はて?」となることが多いです。さりげなく周囲の人に聞いて補完します。クローズ就労なので、怪しまれない程度に…。

 

3.ごちゃごちゃしている脳内の整理

これこそが、最近やっと「そうか!」と思えたADHDのメモ術です。自生思考というらしいのですが、昔から頭の中は常に妄想や空想で溢れかえっています。「考えよう!」と思って考え始めるんじゃなくて、何か別のやらなきゃいけないことが目の前にあるのに、気が付いたら手が止まってボーッと考え事をしてる感じです。ADHDのミスの大きな要因にワーキングメモリの少なさがありますよね。ただでさえ、容量が少ない中で、考えなくてもいいことに頭の中を占められているので、覚えていなければいけないことが漏れてしまう。簡単なミスばかり繰り返してしてしまうので、「何も考えてない!」なんて非難されることもあるADHDですが、実はその逆で、脳内は常に大忙しです。ただ、使い方が悪いんです…。

 

で、役に立つのが、「メモを外部メモリとして使う」という考え方です。パソコンの外付けHDDみたいな。机が狭くて新しいものを置く場がなくなっちゃったので、サイドテーブル付け足しましょう、みたいなイメージです。自分が何を考えているのかをとにかく書き出し、書くことで脳の空きスペースをつくるという方法です。とても参考になったのが、「ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング」という本です。考えを1分以内にA4用紙に箇条書きで書き出すというシンプルな方法ですが、これをやると、自分がいかにくだらないことで頭の中を占められているのかよくわかります(笑)くだらない、というのは、自分が考えたところでどうにもならないという意味です。認知行動療法とも通じるところがあるのですが、終わったことや他人から言われた一言をいつまでも引きずって考えていて「…だったらどうしよう」というマイナス思考ばかりで、自分で自分の不安感を煽っています。これを紙に書いてしまえば、「そうかもしれないけど、違うかもしれない」「自分で考えても意味のないことだな」と気づくことができます。「あ、な〜んだ大したことじゃなかった」と拍子抜けすることも。こうなれば、脳内のモヤモヤがひとつ片付きます。復職した職場での悩みは、この方法で考えると、あっという間に片付きます。だって、ほとんどが、マイナス思考の被害妄想でしたから。職場にカミングアウトすべきか、とか、同僚に嫌われたんじゃないかとか、あの仕事が締め切りに間に合わないかもとか。書くことで、「次に行動すべきこと」が分かるようになります。先の見通しを立てることが苦手な自分には絶対に必要な手段です。

 

あとは、リアルタイムでのメモの取り方をもっと向上させたいです。ありがちなんですが、キーワードだけなんとか書き取ってみるものの、あとから見直すと、発言の意図がわからないことが多々有ります。聞いて、理解して、書く。ならいいんだけど、聞いて、理解できないけど、書く。なので…。なにかいい本あったら教えてください…。

 

 

ゼロ秒思考  頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング