読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー女の 成人ADHD記録〜ストラテラ飲んで仕事します〜

アラサー女、成人のADHDだけど、ストラテラの力を借りて、わりと楽しく生きてます。

最大の味方であり、最大の敵でもあるネットショッピング

ADHD ADHD-困った癖 ADHD-衝動性 ADHD-金銭管理

自分にとって、本当に天使と悪魔の両面を見せる、存在、それがネットショッピングです。もうね、何度も命を救われ、何度も命を奪われそうになった(こっちはちょっと大袈裟か)。

f:id:adhd_misoji:20151126202108j:plain

 

ネットショッピングを「神か!お前神さまかっ…!」と感じる瞬間

 

安定の先延ばし癖で、明後日までに用意しなきゃ間に合わないものがある時。翌日に届けてくれるAmazonとかね、もう何度命を救われたことか…!仕事で必要なものとか、週末の旅行に必要なものとか。本当にお世話になっております。育ててくれた両親の次くらいに恩を感じております。

 

あとは、検索で欲しいものに一発で辿り着くこと!実店舗で買い物をしていると、次から次へ目に入ってくる情報に心を奪われ、必要でないものを衝動買いしちゃったり、そうこうしているうちに、何を目的に来たのか忘れちゃったりすることがしょちゅうな自分にとって、“うまくいけば”最短ルートで買い物ができます。

 

ネットショッピングを「…悪魔や…悪魔の仕業や…」と感じる瞬間

 

 

 

そりゃあもう、ぶっちぎり1位の敵ポイントは、衝動性が、ノンストップで出費になるところでしょう。テレビで見たものや、人がオススメしていて「…欲しい!!」と思ったものが、次の瞬間にもう、購入完了しています。ああ、恐ろしやネットショッピング。実際の買い物だったら、例えば1周回ってからもう一度見てみようとか、他の人の反応を見てみるとか、僅かながらでも衝動性にストップをかけるものがありますが、ネットはワンクリック。しかも、煽り文句の数々、魅力的な使用イメージが、衝動性を煽る煽る。

 

さらに厄介なのが、クレジットカードでの後払い。金銭管理が苦手なADHDには宿敵なのは百も承知なのですが、それでも便利なためついつい使ってしまいます…。自分の預金の残高をよく把握していないうえに、今月の使用高も分かっていない。それなのに、なんとなくいけるだろうという感覚だけで使ってしまう、この怖さ。何が困るって、ここまで分かっているのに、なぜかやめられない。

 

ネットショッピングをしていると、ページに現れる「あなたへのオススメ」も大敵です。ADHDの中には、コレクター気質というものもあり、揃えなければ気が済まない、という衝動があります。1つ買えば最低限は済むのに、どうしてもセットで揃えたくなってしまう。これを買ったら、これも買い換えなきゃ合わない気がしてしまう。そんなこんなで、予定外の出費が…。

 

便利な味方、時に最大の敵となるネットショッピング…。

さて、楽天ではスーパーセールの開催をしていますよ…。買っちゃだめだ、買っちゃだめだ、と思いながら覗いていた。覗いていただけのはずなのに、気が付いたら買い回りカウンターの数字が「5」になっていましたよ…?
どういうことかな…?