読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー女の 成人ADHD記録〜ストラテラ飲んで仕事します〜

アラサー女、成人のADHDだけど、ストラテラの力を借りて、わりと楽しく生きてます。

ストラテラを飲んで慣れてきたら、時間の見え方が変わり始めた

最近、スキマ時間というものが見えるんです。
今まで自分の人生には存在していなかったものです。

 

f:id:adhd_misoji:20151018151900j:plain

 

例えば、夕飯作ってて、最後にお料理を煮込んでいる間に、
「あ、今のうちに洗い物やっちゃおう」とか!

お風呂にお湯ためてる間に、
「あ、今のうちにさっきの洗濯物たたむか」とか!

調理で野菜を切っている時に、
「あ、この間にお肉をレンジで解凍しておけばいいんだ」とか!

お風呂に入る時に

「あ、今洗濯機まわしておいたら、出た後で干せるな」とか!!※夜干し派です

 

気づいてしまったかもしれない…。
もしかして、家事が上手い人、効率的に動ける人って、こういうことをたくさんやっているんじゃないの!?嗚呼、素晴しきかなスキマ時間。

 

 

 

 今までは、疲れやすかったので基本的に家事のために動く気力がないことに加え、

作業中も嫌々やっているせいか、ぼーっとしがちでした。上に出した例で言えば、
野菜を全部切り終わった後に、冷凍庫からお肉を出して解凍。その間はただレンジを覗いてるだけ。洗濯機が終わるのを待っている間に寝てしまって翌日もう一回やり直しとか、よくやっていました。

 

作業をしている最中に、「あ、これは…」と少し先を考えられる。これって、マルチタスクというやつではないですか!!?言い過ぎ?そこまで、大したことはできていないですが、自分なりに「お、今効率がいいんでないの!?」と思うことが増えてきた気がします。恐らく、休職中の生活に慣れて「余裕」があることと、ストラテラの効果の両方が効いていると思われます。

 

外出中でも、バスに乗っている間に「さっきのメールの返信を今しちゃおう」とか思うようになりました。こう考えるとやっぱり、自分がこれまで抱えていた作業タスクって、量は大してなくて、それにとりかかるのが困難だった。だからいつまでも片付かずに追われていたんだなぁということがよくわかります。

 

ストラテラを飲み始めた当初にも、あまりに自分が動けるようになったので、「なんか1日が48時間ぐらいになったみたい」と思っていたこともありましたが、「無駄に消費してた時間」が減ったということだったんだなと。ぼんやりする時間、何もしない時間は大切なんだけど、私のこれまでのは、「何もしていないけど、休んでもいない時間」。だったら、スキマ時間でタスクを終わらせて、余った時間を自分のメンテナンス時間に当てればいいんだなぁと思いました。

 

この「効率よく動く」が、仕事でもできるようになってるといいんだけどなぁ…。

 

LINE(初回生産限定盤)(DVD付)

LINE(初回生産限定盤)(DVD付)