読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー女の 成人ADHD記録〜ストラテラ飲んで仕事します〜

アラサー女、成人のADHDだけど、ストラテラの力を借りて、わりと楽しく生きてます。

ADHD片づけられない女が、片づけに(一度だけ)成功する!

ADHD ADHD-書籍

私、片づけられない女ですが、じつは、これまでに僅か一度だけ

片づけに成功したことがあります。

 

f:id:adhd_misoji:20150922181436j:plain

 

発達障害者支援センターで生活のアドバイスをもらうようになり、片づけについては

「使ったモノは必ず戻すようにすればいいんですよ」と言われたものの、

それができないから困ってるんじゃい…!と、相変わらずできないまま。

 

そんな時に、巷で大流行していた近藤麻理恵さん(こんまり)の

人生がときめく片づけの魔法」に急激に惹かれました。

だって、「人生が」「ときめく」ですよ?劣等感の塊な私にとって

こんなに魅力的な言葉はないじゃないですか!

 

 

早速、本屋に買いにいきました。余談ですが、この時、ちょうど給料日の数日前で

全財産が2,000円でした。

(注:中学生ではありません。20代半ばです。手持ちが、ではありません。全財産です。)

本を手に取ると、なんと1,500円!た…高い…!!だが、買っちゃう!

衝動性の圧倒的勝利です。だって、なんだか運命の出会いを感じるんだもの!

あ、残り数日はお米と冷蔵庫の残り物でやり過ごしました。

 

家に帰って早速読んでみて、感動しました。

これは、ただの片づけ本ではなく、片づけをすることによって、その後の自分の人生を

変えていこう、という本だったのです。

確信しました。

 

「デキる…!今度こそ私、デキる気がする…!!」

 

早速、片づけに取り掛かります。(この時すでに21時)

 

 

こんまり流片づけの最初のステップは

理想の暮らしを具体的にイメージしてください」。

… (゚Д゚)ハァ?どういうこと?汚部屋を脱出できれば、何でもいいんですけど…?

今まで、理想の暮らしなんて考えたことがなかったので、何度イメージしようとしても

コンマ数秒で「でも、どうせ自分には無理に決まってる」が出てきて邪魔をする…。

ADHD脳だと、未来を予測することが非常に苦手ですよね。

そして、心地よく生活した経験がなさすぎて想像ができないんです。

うん、よくわかんないけど、とりあえず「人並みに片付けばいいや」

…はい。今思うと、これがいけなかったんですね。

「こんな暮らしをしたい」という強い意思がないと、

きれいな部屋をキープするモチベーションがなくなるんです。

 

 

目標が曖昧なまま、次のステップ「片づけ祭り」に突入です。

こんまり曰く、

片づけは祭りであって、毎日するものではない。

一生に一度の片づけ祭りを終えてしまえば、

一生片づけに悩まない生活を送ることができる

 とな!!

こんまり流片づけでは、場所別ではなく、モノ別に全部を見える状態にして、

一つずつ手に取り、ときめいたものを残す。ときめかなければ捨てる。

この方法がドンピシャでした。いらないものを選ぶのはできなかったけど、

自分が「ときめく」ものだけを残す、このルールならわかる!

ということで、捨てて捨てて捨てまくりました。

 

もうね、これを声を大にして言いたい!

これ…アドレナリンがめっちゃ出る!!!!

もう、手が止まらなかったです。

本から始まり、食器、服、日用品、出しては捨てて、捨てて、捨てまくる!

ヒャッハー!!もう、なんか危ないものでもキメたんじゃないかってぐらいの

快感でした。

そして、ハッと気がついたら深夜3時。やってしまいました。過集中です。

片づけを続けたい気持ちをグッとこらえて、ひとまず就寝。

翌日の仕事中は、もう帰って片づけをしたくてしたくてソワソワしてました。

 

こうして、4日かけて片づけ祭りは終了。

私の持ち物は、なんと、1/5ほどに減りました。

45Lのゴミ袋を何十袋出したことか…!この時、支えになっていたのが、

いらないものを置いているそのスペースにも、賃料がかかっている」という事実。

なんと!私はゴミにお金を出していたのか!強烈な考えでした。

こうして、きれいな部屋を手に入れた私は、その後一生、汚部屋とは無縁の生活を…

送れるはずだったのに!!

 

数週間でリバウンドしました (´Д`) =3

なぜか!?だって、

使ったものを元に戻すという行動がどうしてもできないから…(涙)

モチベーション以前の問題でした。

でもね、でも、ですよ!

その散らかり具合は以前と比べるとずーーーーっとマシなものになりました。

だって、モノ自体が圧倒的に少ないんですもの。

 

まとめると、

  • モノを捨てることは、ハマればアドレナリン大放出+過集中でできる!
  • ただし、きれいな状態をキープするために、行動を小まめにコントロール
    することはできなかった。

これが、私のこんまり流片づけ実践の結果でした。

でも、一度でも「片づけができた」のは自分にとって、ものすごく大きな自信に

なりました。思うに、自分を始めADHDで片づけができない人は、片づけの経験が

なさすぎて、片づけ方を知らないのではないでしょうか。

洋服のたたみ方や、ケースへのしまい方、箱を使って引き出しを仕切るなど、

目からウロコでした。知らなかった!片づけたことがなかったからね!

 

 

モノにはこだわりがある派のADHDの方なら、もしかしたら「ときめく」は合うかも

しれませんよ。キープできない可能性は大ですが、少なくともモノが減るだけで、

ずっとマシにはなります。ちなみに、今はストラテラさんの力を借りて、

使ったモノを戻すことも少しずつできています。

部屋の状態も、人並みのちょっと散らかっている~普通をいったりきたりしている

感じです。

 

 

さて「ときめくモノ」に囲まれた生活に目覚めた私は、この後金銭的な危機を

迎えます。まあ、この時点で、すでに危機なんですけどね。2千円て w((;゚Д゚)

 

 

人生がときめく片づけの魔法

人生がときめく片づけの魔法

 

 ポチッと押していただけると更新の励みになります!


ADHD(注意欠陥・多動性障害) ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
にほんブログ村